オンラインカジノ初心者がカジノで勝つ為の心得

カジノで遊びたい日本人初心者の為のWEBサイト|娯楽が少なくて退屈してる貴方の為のオンラインカジノの遊び方!あなたがこれからどのように遊んだら良いか分ります。

インターネットカジノで儲け時の税金を知ろう!(日本編)

calendar

reload

インターネットカジノの税金はいくら?

インターネットカジノで利益が出た場合、その利益にも課税されるのか?

【結論】

インターネットカジノは、日本国内での遊技はグレーゾーンです。法律上、禁止を確定しているわけでもなく、また、遊んでよいと公にされているわけでもなく、意外にいい加減です。ただ、現在の日本の法律に従うと、僕たちがカジノで利益を得た場合には、税金を支払う義務があります。☆都合により賭博罪を適用されたり、税金を払う義務があったり、法律って難しいですね。


 

僕達は、普段身近なパチンコや、競馬、競艇、競輪、インターネットカジノで遊ぶときに、勝った場合は税金を払わなければいけない!!なんて考えたこと、あんまり無いですよね!!

しかし、日本でギャンブルをする場合、この税金についても覚えておいたほうが懸命です。特に日本で インターネットカジノを遊ぶ場合は、 必ず知っておくべきです。知らないで遊んでいて、後々税務署から指摘を受けた場合、『知らなかった』では済まされません。税務署から多額の請求(ペナルティー)を受ける可能性があるからです。

このページを読んで頂き、しっかり税金について学んでください。

 

A:日本国内でギャンブルをおこない、国内で払い戻しを受けた場合、 その払い戻しの金額に税金が掛けられます。 そして、その対象となるギャンブルは、国で認められている、競馬、競輪、競艇、オートレース、パチンコや インターネットカジノも含まれます。ここで矛盾が生じます。インターネットカジノでお金の振込、払い戻しは、日本国内の決済機関を使うと、その決済機関が胴元とみなされ、プレイヤーも逮捕される恐れがあります。。。

インターネットカジノで遊ぶ場合は、できるだけ、海外の決済機関を通じてからカジノへの振込をおこなうようにしましょう。 インターネットカジノをプレーする場合、必ず覚えておいて下さい。

 

B: インターネットカジノで利益が出た場合 (インターネットカジノから払い戻しを受けた場合)税金を支払う条件とは一体どんなものでしょうか?インターネットカジノで得た利益(勝った場合)は50万円という金額がその境目になっています。年間で50万円以上の払い戻しを受けた場合『確定申告』が必要になります。この場合、それまでに負けたお金は考慮されません。一度に50万円以上の利益が出てしまった場合にそれを支払う義務が生じます。

 

C: インターネットカジノから払戻されたお金は、 『一時所得』と言う項目に分類されます。一時所得とはなんでしょうか?一時所得とは下記の4つに分けられています。

1:損害保険や生命保険の一時金や、満額返済金

2:お宝や埋蔵物を発見したり、拾い物!遺失物拾得者などが受ける事のできる報労金

3:法人から受け取った贈与金品

4:福引や懸賞の商品や、賞金、また競馬や、競輪などの払い戻し金

 インターネットカジノからの払戻金に掛けられる税金は、4番目の『競馬や競輪などの払戻金』にあてはまります。 50万円以上払い戻しを受けた場合に適用となるので、オンラインカジノで長い間遊んでいるプレーヤーは、 50万円以上払い戻している方も意外と多いだろうと思います。

インターネットカジノでは、 インターネット上でお金のやりとりを行っているので、 税務署は管理するのが難しいだろうとお考えの方もいらっしゃると思いますが、 日本の銀行では200万円以上の金額が海外から振り込まれますと、 その振込理由を詳しく調査されます。

そして、もし200万円以上の金額が海外から振り込まれていたら、銀行も税務署へ報告する義務が発生するのです。 また、電子ウォーレットから銀行への送金も同様に調査されます。海外から銀行に入金された200万円以上のお金は銀行でどのようなお金なのか調べられるのです。 (海外からの入金だけでなく、 銀行から海外への送金も同様に厳しく確認されることが有ります。)

したがって、運よく大勝ちしたり、巨額ジャックポットなどに当選してしまったら、そのお金を銀行へ振り込む場合、きちんと確定申告することをお勧めします。

 


【インターネットカジノから送金する方法を3つ紹介します。】

1:電子ウォーレットの口座へ送金してもらう。

☆☆☆この方法が一番いいですね!!

『EcoPays』が一番お勧めだったのですが、2017年3月時点では新規登録者のマスターカードと提携したカードが作れなくなってしまったので、非常に残念です。 今でしたらiWalletがお勧めです。
  2:銀行の口座へ振り込んでもらう。

☆☆確定申告をしっかり行いましょう!

インターネットカジノからの送金は受けてもらえない可能性もあります。
3:小切手を自宅まで送ってもらう。⇒☆きちんと届きますが、とても面倒です。

小切手を現金に替えるのは非常に時間と手間が掛かるものです。

○僕も一度インターカジノから小切手を送ってもらった事があります。しっかり届きましたが、その後の換金が非常に手間でした。。。

 


 

ギャンブルで得る事ができた払戻金

↓↓↓

これが ⇒『一時所得金』

この『一時所得金』というのは、一体どのように計算するのでしょうか?

 

『一時所得金』の計算方法はこちらです。

arrow_down  

≪公式≫

収入額 ー 収入を得るために使った金額 - 特別控除(50万円まで)×1/2

☆インターネットカジノで遊んだ場合は、使用した金額を証明するのが難しく、 送金明細や、払い戻しの明細など、 できるだけ細かい情報を残しておくことをお勧めいたします。

☆『特別控除額』というものが有あります。 これは払い戻しの金額が50万円以内であれば 一時所得金は0として計算されるというものです。払い戻し50万円以内は納税の必要が無いということですね。

 計算方法には2つの方法があります。

 その1:

【その都度計算する場合】

インターネットカジノへ1万円を入金

ジャックポットで100万円が当選!

この場合、一時所得金の計算式は下記です。
(100万円 - 1万円 -50万円 ) × 1/2 =24万5千円 が税金

 

その2: 

【1年間まとめて計算する場合】

計算式
総収入金額 - 収入を得るために使った金額 - 特別控除年間最高(50万円) 

= 一時所得額 × 1/2 =課税対象額

☆ 今年は総額で100万円儲けた。 投資額は10万円。

100万円-10万円= 90万円が一時所得となる。

しかし特別控除50万円が有るためこれをマイナスします。

90万円-50万円(特別控除額)=40万円が一時所得となります。

40万円に対する課税金額は 40万円×1/2 です。 

一時所得に対する課税額は20万円で、

20万円を納税することとなります。

 

注意すべき点:

カジノから払い戻された金額に、一時所得として課税されるのは、私達プレーヤーにはかなり厳しい課税です。一時所得の法律はとっても残忍で、冷たいものです。

例えば。。。今日僕がジャックポットで5千万円当たって、その翌日に欲を出してバカ賭けして5千万円を負けたとします。  この場合の税金は、差し引きゼロで税金なしにはなりません。一時所得の計上方法は5千万円のままです。泣けてきますね。  ギャンブラーを破滅させる法律か!と言いたくなりますが、法律なので気をつけましょね!

 

目次へもどる

インターネットカジノランキング (バナー版)

僕がお勧めするインターネットカジノを下記に紹介します。
お勧めする基準は
1:初心者でも楽しめる
2:信頼
3:サポートの手厚さ


第1位 カジ旅

初心者から楽しめるロールプレイングカジノ


第2位 ジャックポットシティー

ハイローラー御用達、払い戻しばっちり!


第3位 インターカジノ

20年近くもプレイヤーとの絆を裏切らないカジノ


第4位 エンパイア777カジノ

ライブカジノの部屋の数とディーラーの数はピカイチ


第5位 ワイルドジャングルカジノ

プレイテックの1億円ジャックポットが2回も当たったカジノ




第6位 ジパングカジノ

日本語のカジノといえばジパングです!




第7位 888カジノ

カジノ好きな人は、このカジノをはずしませんよね。


第8位 ウィリアム・ヒル・カジノ

超有名なスポーツブックメーカー、


第9位 32レッド カジノ

1ランク上のサービスを味わってみてください。


第10位 オム二カジノ

日本円が使えるカジノ!


第11位 ベラジョンカジノ

スマホカジノの代表格、ジャックポットもしっかり獲得


第12位 カジノ倶楽部ジャパン

100円から遊べるライブカジノでカジノ投資開始


folder Uncategorized

No Image

more...