オンラインカジノ初心者がカジノで勝つ為の心得

カジノで遊びたい日本人初心者の為のWEBサイト|娯楽が少なくて退屈してる貴方の為のオンラインカジノの遊び方!あなたがこれからどのように遊んだら良いか分ります。

インターネットカジノの安全性。 遊んでいいのかぁ!

calendar

reload

 

インターネットカジノの安全性

インターネットカジノの安全性

インターネットカジノの安全性と題すると、皆さんどんな安全性をイメージしましたか?漠然と安全性と言っても、いくつかの項目に分類できると思います。

1:僕たちがインターネットカジノで遊んでも良いのか?法律的問題
2:インターネットカジノで遊んだ場合のセキュリティーの問題
3:インターネットカジノって本当に信用できるのか?

 漠然としていますが、まずはこの3つの項目が初めにイメージする内容ではないかと思います。その中でも、特に1番の『僕たちがインターネットカジノで遊んでも良いのか?』という法律的な問題にみなさんも興味があると思いますので、まずは順番に1番から説明してみます。

 

1:僕たちがインターネットカジノで遊んでも良いのか?

 

ちょっと初めから重いテーマなんで。。。
そして、こちらに記載するとちょっと長文となりますが、お付き合い頂けましたらうれしいです。

 

僕の個人的な結論とすれば、インターネットカジノは自己責任で遊ぶ事ができると思います。法律で明確に禁止ということは読み取れないからです。

 

まず。日本では賭博は違法行為になります。海外在住の方は日本の法律ではなく、滞在している国の法律で生活することになります。

 

日本では、インターネットカジノで遊ぶことは、いまだにグレーゾーンのままです。日本国外ではインターネットカジノをしっかりと禁止している国もありますので注意してください。

 

それにしても日本では、自宅、または、個人のスマートフォンでインターネットカジノを楽しむ事が違法かというとそれは、なんともふんわりとした感じなのです。それは下記の参考資料を見ていただくと良くわかると思います。

賭博罪:
第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

このことを頭に入れてお話を進めてゆきます。

 

【オンラインカジノ、インターネットカジノと、ネットカジノ(カジノカフェ、インカジ)との違い】

まず、よくテレビのニュースで出てくる『ネットカジノ』と、僕たちが遊んでいる『インターネットカジノ(オンラインカジノ)』とは、考え方が全く違うということをお伝えしたいと思います。

 

まず、『インターネットカジノ』も『ネットカジノ』どちらもインターネットを使用したカジノで遊ぶという、同じ形態のように考えられていますが、実はその遊び方に大きな違いがあります。

 

インターネットカジノ(オンラインカジノ)

自宅から、またはスマートフォンなど個人として日本国外(海外)で運営されているカジノにインターネットで直接接続されます。カジノで勝ったお金の換金は日本ではおこなわれないため、日本の法律には触れない、という考え方があります。また、個人がスマートフォンやパソコンで遊ぶだけのものです。しかし、あくまでもグレーの領域を抜け出せない、自己責任で遊べる方が楽しめる世界といえます。

 

ネットカジノ(カジノカフェ、インカジ)

東京や大阪の繁華街にはたくさんのネットカジノがあります。その多くはお店を構えて、インターネットを通じてカジノとつながり、勝負に勝てば、店内でチップを現金に換金してくれる極めて違法性の高いものです。お店が胴元になるケースです。先に説明した賭博罪の刑法185条、186条にばっちり引っかかりますね。

 

このように、オンラインカジノ、インターネットカジノと、ネッカジノ(ネットカフェ、インカジ)とはとても大きな考え方の違いがあるのです。

 

【それでは、自宅で、または個人のスマホで遊ぶのは問題ないのか?】

これまで法律上グレーであった、そして今でもグレーなままのインターネットカジノに転機が訪れました。それは何を隠そう2016年度3月、インターネットカジノの個人プレイヤーの中から逮捕者が出たのです。

 

これが、何を意味するかというと、もうお分かりのように、自宅で個人的に遊んでいる人も逮捕の対象になるという事が発生しました。

 

しかし、2016年は逮捕者が発生する前にも様々な問題が発生していましたので、その内容を考えてゆくと、法律がはっきりしていないのにどうして逮捕されたのか?という事が推測できます。あくまでも憶測になります。

 

2016年2月 日本語オンラインカジノで超大手のジパングカジノ、ラッキーベイビーカジノ、カジノジャンボリーが提携する、決済機関『i-Banq』が閉鎖しました。詳しい情報はこちらのニュース記事『国内口座使い客に賭博か オンラインカジノ全国で初摘発 会社役員ら逮捕 千葉県警』
に乗っていますが、インターネットカジノファンの間では、大激震でした。

☆注目点はなぜ 決済機関が摘発されたのか

 

2016年3月 日本人向け大人気カジノ『スマートライブカジノ』で遊んだ客3人がが逮捕される事件が発生しました。このニュースは、多くのサイトでは、逮捕の原因を、日本人向けサイト、日本人専用のテーブル、日本語でチャットできる、日本時間に合わせて運営されていた、カードでの入金で身元特定された。というところにスポットを当ててニュースを紹介しています。これをきっかけに、スマートライブカジノは閉鎖しました。また、逮捕された方は

☆注目点:日本人向け、チャット、カードでの入金これが大きな原因なのか?

 

スマートライブの記事


【出典:単純賭博容疑:オンラインカジノで利用客 全国初の逮捕者 毎日新聞 ☆現在はWEB上からニュース消えています。】
海外で開設された無店舗型オンラインカジノで賭博をしたとして、京都府警サイバー犯罪対策課などは10日、大阪府吹田市元町、無職、西田一秋容疑者(36)ら3人を単純賭博容疑で逮捕した。無店舗型オンラインカジノで利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。逮捕容疑はインターネットで接続するオンラインカジノ「スマートライブカジノ」で2月18〜26日、「ブラックジャック」で賭博をしたとしている。全員が容疑を認めているという。同課によると、オンラインカジノは近年、店舗型に比べ自宅から手軽に参加できるため利用者が急増している。日本語版のスマートライブカジノは海外を拠点に2014年9月ごろ開設され、1日の売り上げは約95万円という。利用者はあらかじめ会員登録し、クレジット決済の代行業者を通じて外貨に換金し賭博する仕組みになっている。
府警は昨年10月にサイトを発見。無店舗型のオンラインカジノは店舗型カジノより実態が把握しづらいが、今回はディーラーが日本人で、開業時間が日本時間の夕方から深夜に設定されていた。府警は事実上、国内で日本人向けにカジノが開かれて賭博行為をしていると判断した。クレジットカードの使用履歴などから3容疑者を割り出した。

 

2016年6月 とてもクリーンなイメージがあった、これからグングンのびるであろうという期待があった『ドリームカジノ』の運営者が逮捕される事件が発生しました。海外にサーバがあり、オランダ領のキュラソー島で営業許可を受けているとサイト上には記載されていました。しかし。。。実際の運営は大阪府大阪市天王寺区でカジノを運営していました。これは完全に違法ですね。

ものすごく残念なケースです。

このように、2016年は日本国内でのインターネット業界が荒れに荒れています。

プレイヤーで今まで逮捕された人はどのような罰則があったのでしょうか?
プレイヤーで逮捕された場合は、『単純賭博罪』として10万円~20万円の罰金刑『略式起訴』となりました。

さて、2016年に発生したオンラインカジノの事件について、一体何が原因だったのか、これから僕たちがどのようなことに注意したらいいのかを考えて見ましょう。

【オンラインカジノの摘発、逮捕から見る問題点】
※あくまでも私の個人的な意見ですのです。

 

1:みんなが見落としている一点
まず初めに2016年の事件を見てみると、何処に関連性があるのか一見わからないと思いますが、実は、法律の賭博罪の内容に沿った検挙となっているようです。賭博罪は必ず賭けを開く側と、賭けを行う側の2つが存在しないと成り立ちません。

 

そして賭博で得た利益も日本国内で受け私が行われた場合、賭博罪の適用となるようです。このことを考ると、最初の事件、i-Banqの例では、インターネットカジノへお金を送金したいプレイヤーがi‐Banqの口座へ入金します。そして、カジノで勝った場合また、お金の引き出しをi‐Banqから引き出します。もちろんi‐Banqに入金されたお金はi‐Banqを通じて、海外に拠点があるカジノへ送金されます。また、海外のカジノからプレイヤーに払い戻されるときも、カジノからi‐Banqへ送られます。

 

このとき、i‐Banqの拠点が日本だったとしたら。。。

もうお分かりでしょうか?i‐Banqの拠点が日本だった場合、i‐Banqはカジノを開いている胴元とみなされてしまいます。

 

なぜならば、プレイヤーはカジノで賭けるためのお金を、日本の決済機関に入れて、勝ったお金もその決済機関から受け取るからです。チップの購入も、勝ち金の受け取りも日本で行われるためです。

 

i‐Banqに関していうと、日本でプレイヤーからお金を集め、カジノで預け入れて、そのプレイヤーが勝ったお金をi‐Banqがカジノから受け取ってお客様に渡すのですから、この一連の流れが日本で行われていたとすると、胴元と判断されてもおかしくないのです。

 

そのほかのケースも何らかの形で、お金の出入りが日本国内の決済会社で完結していたり、カジノ自体の運営が日本で行われたりして、胴元が日本でカジノを開いていた、または賭けたお金の受け渡しを、日本国内で行っていると考えられ、日本の賭博罪が適用される範囲になっていたと考えられます。

 

2:インターネットカジノで遊ぶときの注意点

日本でインターネットカジノで遊ぶこと自体は完全な違法ではありませんが、そこに賭けによるお金のやり取りが絡んでくるので、いくつかの注意する点を無視すると、日本の賭博罪適用範囲になると考えられます。

 

まずは、日本国内でのお金の出し入れを注意しなければなりません。入金、またはカジノからの勝ち金を受け取る際には、日本国内にある決済会社をカジノへの入金と、出金に使うと、危険信号となります。これはi‐Banqの例を見ると良くわかります。

 

そのほかに注意する点は下記の通りです。

 

☆Facebook、Twitter、自分のブログなどで遊んでいる動画をアップしないようにしましょう。

☆インターネットカジノ内での自分のID、チャット名を公表しないようにしましょう。

☆日本人特定のテーブルやチャットグループがカジノ内にあっても、できるだけ参加してはいけません。

☆カードでのカジノへの直接入金もできるだけ避けたほうが懸命です。

 

なお繰り返しますが、日本国外でオンラインカジノを楽しむ方は、まずご滞在されている国で、オンラインカジノが合法、または違法なのかをきちんと確認してください。日本でこそ10万円~20万円の罰金で済みますが、海外の場合思わぬ厳重罰則を適用される事がありますので、注意してください。

 

カジノによっては、特定の国で遊ぶ事ができないように、アクセスブロックしているカジノもあります。

 

2:インターネットカジノで遊んだ場合のセキュリティー

 

さて、ここは少し簡単に流しますが、インターネットカジノで遊んだ場合のセキュリティーの問題についてお話します。

 

インターネット上の色々なWEBサイトで、インターネットカジノのセキュリティーは『安全である。』『とても厳しいセキュリティー』などと説明されていますが、はたして本当に安全なのでしょうか?

 

このサイトで紹介している老舗のインターネットカジノは、インターネットで世界中とつながっており、如何に厳重なセキュリティーでも過信は禁物です。

オンラインカジノは、巨額の資金が動き毎秒、毎分資金の入出金が行われています。不法侵入者から見たら、ここには顧客情報や、カードの暗証番号も保管されている宝の山になります。。こんな宝の山をハッカーが狙わないわけがありませんよね。ですから、インターネットカジノは、常にハッカーの危機にさらされていると考えていたほうがいいです。

 

このハッカーたちに対して、インターネットカジノが何の対策もおこなわないということはありません。インターネットカジノが取るセキュリティー対策は、SSLというデータ暗号化プロトコルです。英語では(Secure Soket Layer)といいます。オンラインカジノはこのシステムをいち早く取り入れました。

 

一体どのようなものなのかというと、SSLによってインターネットカジノで送受信される情報は、その全てが完全に暗号化されてしまうので、ハッカーが侵入して、その内容傍受をおこなっても、読み取ることのできない、全く意味が通じない内容となってしまいます。その暗号を読み取れるのは許可された受け取り人のみです。

 

現在のほとんどのオンラインカジノでは、128bit~256bitのSSL暗号使用していますが、この128bit~256bitのSSL暗号により第三者が転送することが不可能になっています。

 

オンラインカジノでは、送受信されるデータのみだけでなく、当然サーバーに保存されているデータもハッカーなどの脅威、不正アクセスから保護されています。サーバーの保護にはファイアーウォールの設置が使われます。

 

ファイアーウォールは、オンラインカジノの中でも、その幹部だけがパスワードを持つことを許可され、サーバー内の重要な個人情報を厳重に管理しています。許可がないユーザーのアクセスは完全に拒否されます。

 

カジノのスタッフの行動も全て保存されているため、セキュリティー管理を担当している者は、システム内の不審な動きを確認する事ができるのです。

 

セキュリティーシステムは、オンラインカジノが独自に開発しているのではなく、セキュリティシステムの、専門会社がシステム作製を請け負っています。インターネットカジノのサイトのトップページでは、セキュリティーの会社をを公開しているカジノと、公開していないカジノがあります。

 

インターネットカジノのセキュリティーはかなり高度です。そしてオンラインカジノの基本となるゲームソフトメーカーもセキュリティーには神経を使っていています。

 

ほとんど全てのカジノはプレイヤーが自分でユーザー名とパスワードを設定できるようになっていて、支払いも口座番号と、暗証番号を設定できます。

そして、ログアウトする場合は、カジノサイトから離れるだけでできるようになっています。

 

ここまでのセキュリティーが成されているので、通常は、インターネットカジノに登録した個人情報が外部に漏れることは無いのですが、ひとつ心配な事があります。

 

 

Googleや、カジノサイトによっては、2回目以降のログインの際に、パスワードやユーザー名を保存できてしまうものがあります。この機能を使えば、2回目以降は、そのカジノサイトを訪問するだけで、自動的にユーザー名と、パスワードがインプットされ、簡単にサイト内に入る事ができてしまいます。

 

カジノサイトや、何か購入するサイトで、この機能を利用することはあまりお勧めできません。カジノサイトを利用するときには、実際に自分でユーザー名とパスワードを打ち込むことをお勧めします。

(記録が残っているために、だれかに悪用されるケースもあるからです。)

 

3:インターネットカジノって本当に信頼できるの?

最後はインターネットカジノが本当に信頼できるものなのか?ということですが、これは、僕たちが遊ぼうとするインターネットカジノにより、その信頼性が大きく変わることをご説明しようと思います。

 

現在、インターネット上には数えられない程のインターネットカジノが、おそらく数千単位で存在していると思われます。

 

そんなインターネットカジノの中で、本当に信頼できるカジノは一握りだと思います。一体どんなインターネットカジノが、信頼の置けるカジノといえるのでしょうか?

 

インターネットカジノの歴史は、年数だけ見るとまだそんなに古いとは言えません。しかし、インターネットの普及と同時に、あっという間にインターネットの世界に出現したのも事実ですこのサイトで紹介してゆくのは、老舗といわれる1995年頃から運営を開始したものと、新生といわれる、ここ2~3年の運営で安定した経営を行っているインターネットカジノです。

 

インターネットカジノの歴史から見ると、1995年頃から運営を開始したカジノが多いのですが、その当時から現在では、2千~3千以上とも言われるインターネットカジノが生まれては無くなり、そしてまた新しいカジノが出現しています。

 

カジノが生まれては無くなるその理由は、経営がはっきりしておらず、方針が不透明で、小さなカジノ(規模が小さい)も多かったことや、お客様へ入金だけさせて、ゲームの勝敗に関してきちんとした払い戻しや、その払い戻しのシステムを持っていなかったり、問題が発生しても、お客様へのサポートをきちんと行わない、悪徳カジノがとても多かったことです。

 

お金を払わない、問題が出ても対応しない。。。そんなカジノでお客さんがいつまでも遊んでくれるわけがありません。悪徳カジノは自らの首を絞めて、どんどん消滅して行きました。

 

悪徳で、信用のないカジノは、流星の如く消えて行き、それとは対照的に、お客差のサポートをしっかりと行い、支払いも滞ることなく行う、そんなカジノが生き残ってきました。

 

老舗と呼ばれる信用と実績のあるカジノが20年弱を勝ち抜き、今も世界中のプレイヤーに愛され、経営を続けています。

 

勿論今でも、悪徳で怪しい、何の信頼性も無いカジノが無くなった訳ではありません。そんなカジノは今でも、生まれ続けています。なくなっても、すぐに違う名前で運営を開始していることでしょう。

 

では、僕たちは、一体どんなインターネットカジノで遊べばいいのでしょうか?信頼の置けるカジノの基準下記に挙げて見ます。主に注意するのは3点だけですが、それだけで危険かどうかある程度の判断ができます。

(インターネットカジノの仕組みの項で詳しく説明します。)

 

1)政府公認であること

2)使用しているゲームソフトに信頼性があること

3)公的機関の監査結果を毎月公表していること

 

上記の3点のほかに、老舗カジノの中では株式市場に上場しているカジノも多く見受けられるので、こちらも、大きなチェックポイントの一つです。

 

株式上場しているカジノが存在しているということは、インターネットカジノが世界的にも認知されている証拠です。

 

インターネットの普及とその進化がものすごいスピードで進んでいますが、インタネットカジノの進化、発展も20年弱でものすごい勢いで変化が続いています。

 

ゲームプログラムも20年以前当時と比較してみると、ゲームのグラフィックや、演出が、とっても進歩しており、インターネットカジノ開始当時では考えられなかったライブカジノというゲームも楽しめるようになっています。

 

ライブカジノとはインターネット上でつながれたパソコンのモニターの向こう側で、実際に本物のディーラーと、オンタイムで直接勝負ができるゲームなのです。

 

今では、画像もきれいになって、とても完成度の高くなり、本場のカジノとなんら変わりのないプレーが可能になりました。

 

そして2015年から急速な勢いで利用者が増えているのが、スマートフォンで遊ぶ事ができる、モバイルカジノゲームです。

 

パソコンで遊ぶカジノと較べるとゲーム数は少ないものの、いつでもどこでも、遊びたいときに、好きなだけ遊べるこのシステムは、幅広い年齢のプレイヤーに受け入れられています。また、モバイルのスロットではジャックポットのシステムもしっかりと取り入れられています。
これらのゲームは、カジノ運営会社とゲームプログラム会社ともに、不正コントロールが出来ないように、厳しいテストを繰り返します。ゲームごとに一億回以上のテストを行い、プログラムのバグ、偏りを第三者機関から厳しく審査を受けています。その結果第三者機関の発行するライセンスも掲示されます。

 

優良といわれているインターネットカジノは、老舗、新生問わず、ゲームプログラムも第三者機関の厳しい審査を通過したゲームプログラムで、政府の公認許可が取れないと公式に運営できないということになります。

 

長い年月運営を続けているインターネットカジノや、新しくても信頼の置けるインターネットカジノではこれらのライセンスをカジノサイトでしっかりと掲示しています。このようにライセンスが堂々と掲示がされているカジノでは、

僕たちが安心してプレーする基準を満たしていると考えられます。

 

インターネット上に出現するインターネットカジノも20年前から比べると、『きな臭い』『あぶない』『インチキ』という感覚が排除されていて、世界中で公認されているギャンブルという地位を確立している事がわかります。

 

繰り返しになりますが、もちろん怪しくて、危険なサイトが無くなったわけではないので、注意が必要です。

 

このサイトでは、あなたに安心してプレーして頂ける老舗サイトと、まだ、新しいけど、これから延びそうな新生サイト、この2つのタイプをご紹介してゆきます。

 

その為、初めは、老舗サイトで遊ぶことをお勧めします。慣れてきたら自分で色々なサイトを試して下さい。インターネットカジノは、老舗といえども、いつ何があるか確証はもてません。したがって、インターネットカジノで遊ぶときには、常にリスクと隣りあわせでいることを認識して、油断せず、細心の注意を怠らないようにして下さいね。

 

ホームへ戻る

インターネットカジノランキング (バナー版)

僕がお勧めするインターネットカジノを下記に紹介します。
お勧めする基準は
1:初心者でも楽しめる
2:信頼
3:サポートの手厚さ


第1位 カジ旅

初心者から楽しめるロールプレイングカジノ


第2位 ジャックポットシティー

ハイローラー御用達、払い戻しばっちり!


第3位 インターカジノ

20年近くもプレイヤーとの絆を裏切らないカジノ


第4位 エンパイア777カジノ

ライブカジノの部屋の数とディーラーの数はピカイチ


第5位 ワイルドジャングルカジノ

プレイテックの1億円ジャックポットが2回も当たったカジノ




第6位 ジパングカジノ

日本語のカジノといえばジパングです!




第7位 888カジノ

カジノ好きな人は、このカジノをはずしませんよね。


第8位 ウィリアム・ヒル・カジノ

超有名なスポーツブックメーカー、


第9位 32レッド カジノ

1ランク上のサービスを味わってみてください。


第10位 オム二カジノ

日本円が使えるカジノ!


第11位 ベラジョンカジノ

スマホカジノの代表格、ジャックポットもしっかり獲得


第12位 カジノ倶楽部ジャパン

100円から遊べるライブカジノでカジノ投資開始


folder Uncategorized

No Image

more...