オンラインカジノ初心者がカジノで勝つ為の心得

カジノで遊びたい日本人初心者の為のWEBサイト|娯楽が少なくて退屈してる貴方の為のオンラインカジノの遊び方!あなたがこれからどのように遊んだら良いか分ります。

ギャンブル依存かな?と思ったらすぐに対策を!

calendar

reload

【ギャンブル 依存症について】

 

インターネットカジノだけではなく、ギャンブル全体で言えることは、ギャンブルには人を虜にする魔力があるということです。

 

その魔力に取り付かれた人は「ギャンブル依存症」と呼ばれています。

 

 

まず。結論から申しますと。。。

 

 

インターネットカジノはギャンブルの依存症に対してしっかりとした対策がとられています。(あとで説明しますが、日本のギャンブルでも依存症対策をとっているギャンブルはないし、そんな気の効いた胴元もいません。しかし、カジノ法案の件では、政治家の皆様は依存症のことを大きな声で叫んでいます。日本って本当に面白い国です。パチンコの依存症には何のサポートも、政治的に取り上げもしないのに。。。です。)

 

 

自分が依存症かもしれない。。。と感じたら、オンラインカジノでのプレーを制限する事ができるというものです。

 

 

どのような制限ができるのかというと、


 

①ログイン規制

一定期間自分がカジノへログインできないように制限を掛ける。

 

②プレイ額制限

ある指定した一定の金額までしかプレイできないように制限を掛ける。

 


 

 

有名で歴史の長いインターネットカジノでは、ほとんどのところで上記の制限を、自分自身に掛ける事ができるプログラムを持っています。

 

 

日本で認められているギャンブルは、競馬でも、競艇でも、競輪でも、パチンコでもオートレースだって。。。人を虜にして行きます。このように虜になった状態を「ギャンブル依存症」と呼びます。

 

ギャンブルとは日々の生活に潤いを与える娯楽ですが、 一時的に熱くなってしまい思ったよりも多い金額で遊んでしまったことがある人は、山ほどいるでしょう。

 

ギャンブル依存症になると

○いつもギャンブルのことを考えるようになります。

 

○お金が無くても、ギャンブルで取り戻せると考えるようになります。

 

○家族や、身近な人にうそをつくようになります。(使ったお金や、帰宅時間、外出など)

 

○ギャンブルがもとで大切な仕事や学業に影響がでてきます。(会社をサボったり、やるべきことよりギャンブルを優先してしまう。)

 

○ギャンブルをやめようと思っても、暇な時間があるとやってしまう。

 

○ギャンブルでは、決めた額より多く、持ち金をすべて使ってしまう。

 

○ギャンブルでお金を使い果たしたあと、ものすごく後悔します。(そしてまた、取り戻そうとします。)

 

などなど、様々な症状が出てきます。自分で自覚が無い人もいますが、ほとんどの場合、自分で自覚があるといえると思います。

 

自分でわかっていても、止められないのです。この感覚はなかなか理解してもらえないかもしれませんね。

 

全ての人が依存症になるわけではありません。

 

娯楽の領域を超えて、 自分の力では止めることができない人に対しては、 確かに何かしらのサポートや制御体制が必要です。

 

インターネットカジノではどんな対策が取れられているのでしょうか?
【インターネットカジノでは最前線の対応がとられています】

 

通常、日本のパチンコ、競馬、競輪など、ギャンブル依存症の人がいても、『あなたは入場禁止ですよ!』なんて誰も止めてくれる人がいません。日本では、カジノ法案でギャンブル依存症の話しを持ち出して問題にしているくせに、現在のパチンコ、競馬、競輪、競艇などの依存症については全く対応をしようとしていません。おかしな話ですね。

 

防犯カメラや、僕たちの行動を観察するためのカメラは設置されていますが、それは僕たちのことを考えたものではなく、カジノや、胴元側が僕たちの癖や、イカサマをチェックしているものなのです。どこの誰が出入りしているかさえ、ほとんど把握していない状態です。

 

しかし、インターネットカジノではどうでしょう?

 

インターネットはプレイを、胴元側、僕たちプレーヤーの顔が全く見えないため、カジノでプレイする為には、個人情報を登録しなければなりません。
また、カジノからお金を出金する際には、免許証、パスポートなどの身分証明が必要になってきます。

 

このような厳しい個人情報管理の特性を活用してインターネットカジノは、ライセンス取得機関と提携して、効果的なギャンブル依存症対策を作っています。中でも、先ほど紹介した、「自己規制」機能が、一番効果がある事がわかっています。

 

インターネットカジノへの自己規制を掛けると一体どんなことになるのでしょうか?

 

①ログイン規制

一定期間自分がカジノへログインできないように制限を掛ける。

②プレイ額制限

ある指定した一定の金額までしかプレイできないように制限を掛ける。

 

これらの設定をした後に、もしカジノでプレイしたくなっても、申請した期間までは、絶対に遊ばせてもらえません。

 

例えあなたが、制限を解除してもらうように直接カジノへ連絡したとしてもです。ライセンスの規定上、制限の設定期間が終了するまでは、本人のリクエストであっても、解除はできません。

 

もし、ご自分でギャンブルから離れられそうに無いと考えているなら、そして、つい使いすぎてしまうとわかっているならば、これらのプログラムを是非活用してみるべきです。

 

インターネットカジノのサポートさんへ問い合わせてみましょう。他のギャンブルで自滅するよりも、しっかりと自己管理ができるインターネットカジノで遊ぶことは、決して危険なことではなく。実はインターネットカジノで遊ぶことは、このプログラムを活用することで、一番安全なギャンブル環境を提供されていると考えるべきだと思います。

 

TOPページに戻る

 

folder Uncategorized

No Image

more...