オンラインカジノ初心者がカジノで勝つ為の心得

カジノで遊びたい日本人初心者の為のWEBサイト|娯楽が少なくて退屈してる貴方の為のオンラインカジノの遊び方!あなたがこれからどのように遊んだら良いか分ります。

グランマーチンゲール法|マーチンゲールの兄貴

calendar

reload

グランマーチンゲール法ってまずいわね。

 

【グランマーチンゲール法】
☆簡単に説明するとマーチンゲールのパワーアップバージョンです。

 

マーチンゲール法というのは、ベッティングシステムの中で『防御型』の攻略法であることは、既に説明させて頂きました。マーチンゲール法が『防御型』であるその理由も、マーチンゲール法とは、負けた金額を取り戻そうとする方法であるからと、既にあなたも理解して戴けたと思います。(ベッティングシステムとは?とマーチンゲール法のページをご参照ください。)
ゲームに負けたら、次のゲームでは賭け額を今の倍に増やして、前回の負け分を取り戻そうとする手法でした。

 

しかし取り戻した際には、一番最初に賭けた金額分が利益となりますが、負けが連続して続くと現在のカジノのルールでは取り戻しが難しくなり、非常にリスクが高く、投資した金額の割に戻りが少ない残念な手法となっています。

 

マーチンゲール法は、初めに投入した金額分が勝った時の利益分となるため、
それでは利益が少ないと考えた人達が、リスクは余り増やしたくないけど勝った時点での利益をもっと増やしたい!!と考えた方法がグランマーチンゲール法です。

 

どのような方法かというと…

 

わかりやすく説明するために、初めに1ドルを賭けたと考えて説明します。

 

初回1ドルを掛けて勝負に負けると下記のような賭け方になります。

 

スタート$1を賭ける。。。

1回目、$1の負け ⇒ $1+$1+$1=$3

次の勝負は$3を賭けます。

(通常のマーチンゲール法では、この時点で$1+$1=$2を賭けますが、グランマーチンゲール法は、負けた金額の倍+$1 というように賭けてゆきます。)

 

2回目、$3の負け ⇒ $3+$3+$1=$7

次の勝負は$7を賭けます。

 

3回目、$7の負け ⇒ $7+$7+$1=$15

次の勝負は$15を賭けます。

 

4回目で勝ったとします。

 

そうすると勝ち金$30が戻ってきます。

 

この時点でいくらの利益が出たかというと。。。

 

最終勝ち額 $30-(1回目$1+2回目$3+3回目$7+4回目$15)=$4の勝ち

(初回投資額×勝った時点での勝負回数=勝ち分 となります。)

このサイトでは、多くのベッティングシステムを、わかりやすく説明するために、ルーレットでの活用を例として説明させてもらいますが、グランマーチンゲール法も、テーブルゲームでは、ブラックジャック、バカラ、クラップス等
幅広く活用することが出来ます。

グランマーチンゲール法も、マーチンゲール法と同様に、初回の投資額が大きければ大きいほど利益の額が大きい考え方となりますが、しかし、初回の賭け額が大きいということは、2回目からの賭け額も雪だるま式に膨れ上がります。
そして、忘れてはいけないのは、カジノの打ち出している対策…賭け額上限を制限しているということです。これを『マックスベット額』といいますが、この金額を常に考慮して掛けてゆかないと、今までかけた分の取り戻しができなくなり勝てなくなります。

 

しかし、考え方としては、マーチンゲールと同じく、カジノのゲームで、賭け額の上限さえ決まっていなければ、後は資金さえ限りなく用意できた場合のみ、100%勝てる考え方でもあります。

 

グランマーチンゲール法にやられたぁ!

☆取戻しができなくなったイメージ。

☆私達はいつもわからないことは、計算上とか、確率的にはという言葉に甘えて、50%に近い確率の賭けに、10回連続で負ける事などありえないと考えますが、実際はどうでしょうか?

 

本当に計算上では、負ける確率は回数を重ねる毎に低くなって行くのですが、
カジノでの考え方は変えたほうがいいです。

 

僕は、カジノゲームには『流れ』というものがあると信じていますが、長期勝負の中の、次の勝負の確率というものは信じていません。次ぎに赤が来るか、黒が来るかなんて、計算してもたいして当てにならないのです。

 

各ゲームラウンド、一回ずつのゲームでは、負ける確率と勝つ確率は常に一定で、変わる事は無いのです。これを理解していないと深みにハマります。

 

ルーレットでおこる次ぎのゲームの確率計算はあまり信じていないのですが、例えばルーレットの場合、過去の赤黒の出目をみた場合、赤が10回続いていたり、黒が3回おきに出ていたり、こんな流れは信じてしまいます。カジノでは2回も3回もあることは、4回でも5回でも連続して再発生する場合があるのです。

 

グランマーチンゲール法が有効なのは、赤、黒や、偶数、奇数に賭けることですが、実際のカジノでも10回以上連続で赤もしくは黒が続くことも本当に、全く珍しくはありません。

 

僕達はどうしても連続したゲームの中で確率計算をしたがってしまいますが、
ゲーム毎その都度の赤黒、そして『0』の出現率は常に一定なのです。次ぎの勝負の確率は、さっきの勝負の確率と一緒なのです。

 

でも、僕はグランマーチンゲール法が何か可愛らしく感じてしまいます。人間の素直な欲というか、マーチンゲール法に+1を足して次ぎの勝負に挑むっていうところがいいんですよね。

ベッティングシステムで調子の悪さを解消しよう!

ホームへ戻る

folder Uncategorized

No Image

more...