オンラインカジノ初心者がカジノで勝つ為の心得

カジノで遊びたい日本人初心者の為のWEBサイト|娯楽が少なくて退屈してる貴方の為のオンラインカジノの遊び方!あなたがこれからどのように遊んだら良いか分ります。

ココモ法|かわいい名前ですが、金融投資でも活躍

calendar

reload

 

ココモ法って僕の中ではこんなイメージです。

 

【ココモ法を知っていますか??】

 

この項では、ココモ法を紹介します。

 

まず初めにTOPの画像ですが、ココモ法って聞くと、なぜか僕は、ココナツの南国を思い浮かべてしまうんですよね~^^

南国で暑い日差しの中、冷えたココナツってとっても美味しいんです。

 

カジノでガツンと当てたら、南国でリラッ~クスと行きたいものです。

 

ココモ法は名前は可愛らしいですが、実は有名な投資法の1つです。

 

マーチンゲール法、モンテカルロ法、ウィナーズ投資法などの有名手法肩を並べるほど世界でも有名な投資法なのです。カジノだけでなくFXやバイナリーオプションでもしっかりと活用されています。

 

ココモ法の正しい使い方は3倍配当以上のゲームに使用するのが正解です。

 

何故ならば、その理由は。。。

あなたの連敗が続いても、3倍配当以上で賭けていれば、1回の勝ちで必ず利益を出すことが可能な方法だからなのです。

 

2倍配当の場合も活用可能なのですが、負けを取り戻す際に利益が小さいので、取り戻しのリスクがのほうが大きいのです。

 

ココモ法は、良くも悪くもあのマーチンゲール法の亜種なのです。

 

マーチンゲールの親戚といえば『増額法』なので、あなたに際限のない、あり余る資金力があって、カジノの賭け額の上限が決められていない場合は、必ず勝つ事ができる方法です。(これはマーチンゲールと同じです。)

☆賭け金の上限が決まっていなければ、金さえあれば勝つまで挑戦出来るので、いずれ勝つことが出来るのです。(^^;)そんな良心的なカジノはありませんよね。しかし、FXやバイナリーは別です。その代わりこちらの投資はは青空天井なので、破滅を招きます。

 

カジノの方はというと、それぞれのゲームに賭けられる金額の上限が決められているため、勝つまで金額を吊り上げて勝負することが許されておらず、ある一定の額を超えたら、カジノが勝ち逃げ出来るように設定されています。

 

マーチンゲール法グループの特長である『増額法』の弱点として覚えておかなければならないのは、カジノのマックスBET額、賭け額の上限が決められている事にあり、例えばマーチンゲール法は、負ければ次の勝負で倍、また負けたら倍と倍々で、賭け額が増えて行くので、マックスベット額に達した時点でそれまでに負けを取り戻すのが難しくなってしまいます。

ルーレットのマックスベット

 

ゲームの最高賭け額は、カジノや、そのテーブルによっても違います。ルーレットの場合は、賭ける場所、ベットポジションによってもその金額が大きく変わります。上記の表では、例えばレッド/ブラック(赤/黒)であれば、最低は2ドルから賭けられますが、最高は2,000ドルまで賭ける事ができます。

 

そして、ココモ法を運用したいカラムやダズンの3倍ポジションでは、最低金額は2ドルから、最高は1,200ドルまで賭ける事ができます。

 

ココモ法だと。。。(方法は後ほど説明しますね)

2+2+4+6+10+16+26+42+68+110+178+288+466+754+1220 14回の勝負ができます! 2ドルから勝負を開始して最高14回までの勝負が可能です。14回を過ぎると最高賭額の1,200ドルをオーバーしてしまい、取戻しができなくなります。

 

14回連続でまけることを考えると、$1,972ドルもの投資額が必要ですが、14回目に取り戻せれば、$754×3倍=$2,262となり、投資額全て回収可能です。そして290ドルの利益が出てきます。これは良さそうですね。どんな考え方なのでしょうか!!

 

 

ココモ法のメリットはマーチンゲール法に比べると賭け額の上昇が穏やかなところです。
ココモ法の進め方!

まずは紙とペンを用意します。

 

1:初めの賭け金を設定し紙に書きます。

 

初めの賭け額が1ドルだったら1と書きます。

 

2:初回の賭けに負けたら、次は1回目の金額をもう一度賭けます。そして賭けた金額を紙に書きます。

 

3:2回めも的中できなかった場合、3回目からは1回目と2回目の賭け額の合計を賭けてゆきます。

 

4:的中した時点で1セット終了です。(初回で的中しても1セット終了です。)

 

 

ココも法は1回勝てばそれまでに負けた分を全て回収して、また利益も負けた分だけ出せる方法です。しかし何回も繰り返しますが、連敗が続くと賭け額が増えて行き、カジノのマックスBET額に達してしまい、それ以上の取り戻しができなくなります。

 

また、ルーレットで考えた場合、3倍配当のBETポジションは、『ダズン・ベット』か『コラム・ベット』に賭けたほうが断然お徳感があります。

 

当然、アメリカンルーレットより、ヨーロピアンルーレットで勝負をしたほうが私たちが勝つ確率が上がります。

 

ヨーロピアンルーレットでの『ダズン』『コラム』の的中確率は32.4%です。

 

繰り返しになりますが、もう一度おさらいです。

下の表は1ドルで開始したときの流れです。

ココモ法の進め方は下記の表の通りです。

 

1回目の賭け金を決めます。

 

2回目は1回目と同じ金額を賭けます。

 

3回目以降は前回と、前々回の賭け額の合計を賭けてゆきます。

 

勝った時点で、リセットして、また1回目から開始します。

 

累計投資額は、1回目から開始して、勝った時点までの合計が、使用した金額となります。
☆注意:
連敗の確率はあまり気にしないで下さい。カジノでは連敗の確率などあてにならないのですから。連敗の確率は、連続した勝負を計算すると、格段に確率が下がる旨を説明していますが、実際のカジノでは、どのゲームも1回ずつの勝ち負けの確率は変わりません。

 

ベッティングシステムで調子の悪さを解消しよう!

 

ホームへ戻る

folder Uncategorized

No Image

more...