オンラインカジノ初心者がカジノで勝つ為の心得

カジノで遊びたい日本人初心者の為のWEBサイト|娯楽が少なくて退屈してる貴方の為のオンラインカジノの遊び方!あなたがこれからどのように遊んだら良いか分ります。

ルーレットのウィールの見方を教えちゃいます。

calendar

reload

セクシールーレット
【ルーレットのウィールの見方と考え方を教えます】

 

このページに書いてゆくことは、あくまでも僕個人の考え方なので、これが、このページを訪問して下さるすべての方の意見と合うかどうかはわかりませんが、初心者の方には、少しでも色々な考え方を持って頂きたいので、記載させてもらいますね。

 

ひとくちにルーレットといっても、実は2種類のルーレットが存在します。あなたも聞いた事があるかもしれませんが、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類です。アメリカンルーレットと、ヨーロピアンルーレットではウィールの数字の配列が違うのです。

 

ヨーロピアンルーレットと、アメリカンルーレットでは、その発祥に大きな違いがあります。ヨーロピアンルーレットは、昔、確率の計算を行うために、

数字の配列をランダムに行ったのですが、それが貴族の間でギャンブルに発展したものです。


≪ヨーロピアンルーレットは0のポケットが1つだけ≫
それに対してアメリカンルーレットは、カジノが如何に利益を上げるかを考えた配列になっており、そのように作られました。しかも、さらに、親の総取りである『0』をもう1つ増やして『00』と言うものを作り出しました。

≪アメリカンルーレットは『0』と『00』が存在します。≫
本物のカジノのディーラーはルーレットの目を大まかに狙えるため、アメリカンルーレットでは、さらにディーラーが狙いやすい数字の配列にしたと言われています。

 

そんな話を聞いてしまうと、『ルーレットで勝つのは非常に難しいのでは?』と考えてしまいますよねぇ。^^。

 

【調子の悪いときに試して欲しい方法】

ルーレットで賭ける場所をBETポジションと呼びます。インサイド、アウトサイドというポジションから自分のBETする場所を選ぶことになります。
このページで説明させてもらうのは、ルーレットで自分の勘がどうしても裏目に出てしまうような、どうも悲しいくらい調子の悪い時に試してもらいたい方法です。

 

まず、インターネットカジノに入り、できればライブカジノで、その日の出目に偏りがあるかどうかを見て下さい。そして、赤黒や、偶数奇数、ダズンなど流れに偏りがあるようであれば、それに従ってみるというやり方です。

 

例えば、あなたが赤、黒に賭けていた場合、赤だけが連続して5回続いているとします。あなたは、赤が5回続いたのだから、そろそろ黒が来るだろうと黒に賭けます。

 

【質問】

果たしてこの考え方が正しいでしょうか?

 

【答え】

カジノにおいてはこの考え方は正しくありません。

 

負けが重なって自信のなくなっている時には、どうしてもこのような『おいしい』連続した、勝ちやすい波に乗りにくくなります。しかし、様子絵を見ながらでいいので、赤の時は赤、黒の時は黒を賭けるのです。

 

すぐに勝負に参加したい気持ちもすごく良くわかるのですが、そこはグッと我慢して、様子を見ましょう。どんな目が続いているのか、観察しましょう。それから、同じような周期はいつまでも続きません。目の出方が変わったと感じたら、一度席を立ったり、トイレに行ったり、お水を飲みに言ったりして気持ちをリセットさせましょう。

 

【自分で流れを掴んでゆく方法】

赤黒、ダズンなどの『流れに乗る』という方法の他に、ルーレットのウィールを4等分するという方法があります。

 

4分割法(僕はそう呼んでいる方法です!

いぜん僕が運営していたほかのサイトでも紹介させて頂いた方法で、結構好評でしたのでこちらのサイトでも紹介させてもらいます。

 

僕の好きな賭け方はこの方法なのですが、この賭け方は、ルーレットのウィールを4等分して、どのエリアにボールがポケットしそうかを予測してかけてゆきます。先に紹介した、赤黒やダズンの連続したところへ賭けてゆくのではなく、勝負の流れを見ながら、来そうなエリアへ賭けてゆきます。
特にメモや紙を用意して記録をつけてゆくと、 その日の流れが感じられるようになってきます。しかし、流れは頻繁に変わるので、ここだと思ったタイミングで賭けてゆきます。

僕は、上の画像のようにウィールを4等分に区切ることが多いのですが、それぞれのエリアに1,2,3,4と番号をつけて、その日の癖を見ます。
特に連続して2回同じエリアに入るくせのある日は、利益が出やすいです。(^^V

 

区切り方は画像のようにすると、『0』を含ませるエリアは10個の数字、それ以外の3つのエリアは9個の数字になります。

 

エリアの設定
エリア1:→0,32,15,19,4,21,2,25,17,34(0を含むエリアは10個の数字)

エリア2:→6,27,13,36,11,30,8,23,10

エリア3:→5,24,16,33,1,20,14,31,9

エリア4:→22,18,29,7,28,12,35,3,26
この様にエリアを設定して、1~4のいずれかのエリアの数字に全て賭けます。例えば1つの数字(ナンバー)に$1ずつ賭けるとすると、1のエリアは『0』を含んで数字が10個あるので、各数字に$1ドルずつ、合計$10を賭け
る事になります。

 

10個の数字に$1ずつ賭けた場合、そのどれかに、ボールが入ると$36ドル戻ってくるので、$36‐$10=$26の勝ちになりますね。

 

2,3,4のエリアでは、数字が9個なので エリアの数字に$1ずつ合計$9を賭けます。そのどれかにボールが入ると$36‐$9=$27ドルの勝ちとなります。

 

この賭け方で当たると、配当はダズンより高い4倍で、しかも『0』が親の総取りではなくなります。よく考えると、赤黒でも結局は『0』の存在があるので、3分の1の確率。(ちょっと極端かもしれませんが。。。)
そしてダズンやコラムでも『0』の存在のおかげで、4分の1の確率。そして通常にこれらのアウトサイドBET方法で賭けていると、『0』が来たらプレーヤーの負け。親の総取りです。しかしそうさせないのが、この4分割法なのです。 ディーラーは数字をある程度狙えるので、この方法は特に、オンラインカジノや、 ベトナム国内のような電子ゲーム機を使用しているカジノに有効ではないかと思われます。でも一番興奮するのはライブカジノですね。

 

しかし是非試してみてください。

 

そして、この4分割法の特長は、エリアの設定も自分で変更できるという点です。 その日のルーレットの出目により、自分のエリア設定を変更することが可能です。

 

僕の設定したエリア設定で、どうしても勝負が裏目に出てしまうときは、4分割の数字のエリアをずらしてみると、見違えるように当たる事があります。その場合も0を含むエリアは10個の数字、そのほかのエリアは9個の数字で通した方が確率が良さそうです。そしてエリアにかけるときは全ての数字に同じ金額を賭けてください。
しかしあくまでもヨーロピアンルーレットで行って欲しいです。
そして、『0』を含むエリアは常に 数字を10個にすると覚えて下さい。

ルーレットは4分割法でガッツリ儲ける

ベッティングシステムで調子の悪さを解消しよう!

ホームへ戻る

folder Uncategorized

No Image

more...